カードローンの比較の仕方・方法を紹介

カードローンの比較の仕方・方法を紹介

カードローンの比較をするとき、
「限度額、金利、即日審査の可否」
で比べられる方が多いでしょう。

これらの比較ポイントは、10年以上前からよく使われてきましたが、
現在はあまり効果的とは言えません。
実際に融資を受けるまで、どうなるかわからないからです。


限度額に関しては、「年収の3分の1」が上限となりますので、
それを超えて借りることはできません。
銀行・信用金庫などに関しては例外ですが、このくらいの範囲内での
貸付になると考えておいたほうがいいでしょう。

限度額300万円のローンに申し込んで300万円を借りるためには、
900万円以上の年収が必須となります。
サラリーマンの平均と言われる年収400万円では、
900万円を借りることは到底できないわけです。
カードローン利用者で、900万円以上の年収を得ている方は少数派であり、
現実的に300万円を借りるのは容易ではないわけです。

金利に関しては、銀行・信用金庫の金利が低くなっておりますので、
これらの機関で比較するのはありです。
一般的に銀行は大手ほど低金利になりますが、信用金庫は非営利なので、
規模が小さくても金利が低い傾向があります。

消費者金融、銀行系、クレジットカード会社などは、銀行・信用金庫よりも金利は高いです。
また、これらの業者同士の金利においては、大きな差がないのが現状です。
消費者金融ならば、A社もB社もC社も金利には1%未満の差しかないケースが多いので、
金利比較をするメリットは小さいのです。

即日審査の可否についても、業者の判断によるところです。
即日対応してくれる業者は、「即日100%」ではなく、
「即日も可能」だと考えておいたほうがいいでしょう。

カードローンのおすすめの比較ポイントは、借入・返済のしやすさです。
借入・返済できる場所が多いほど便利ですし、また借入・返済の方法が多いほど、
自分の生活スタイルに合わせて使いやすいというメリットがあります。